沖縄戦の体験者や宮古島の自衛隊配備に反対する県民ら67人が23日午前、集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法は憲法違反で、平和的生存権を侵害しているなどとして、国に1人当たり1万円の損害賠償を求める訴訟を那覇地裁に起こした。