23日、沖縄県糸満市の沖縄平和祈念堂前では、ガールスカウトに所属する南部地域の子どもたち15人が願いを込め、オオゴマダラ10羽を放蝶(ちょう)した。今年で12回目。 チョウはギリシャ語で「プシュケ」と言い、「魂」を意味する。主催する沖縄協会は戦後60年の2005年、「清ら蝶園」を祈念堂裏に建設。