本書に掲載された写真に登場する人々は、沖縄戦でどれだけの悲しみを背負ったのだろうか。また生き延びた人々は戦後どのような人生を歩んだのだろうか。切り取られた日常の1コマはたくさんの日々の中の一瞬であろう。悲惨な体験の多くは氷山の下に隠れている。肉親の死も見えない。