太陽光発電など再生可能エネルギーを安定供給する新技術オープンエネルギーシステム(OES)をテーマにした国際シンポジウムが2日、沖縄科学技術大学院大学(OIST)で開幕した。  シンポではOIST教授でソニーCSL社長の北野宏明氏らが進めるOESの実用化に向けた取り組みを紹介。