沖縄タイムス+プラス ニュース

山城博治氏、外国特派員協会で講演「反日や反米、反中国の感情ない」

2017年6月25日 10:10

 【東京】沖縄平和運動センターの山城博治議長は「慰霊の日」の23日、都内の日本外国特派員協会で会見し、沖縄が基地建設を反対する理由について「沖縄戦で県民は悲劇、地獄を見た。二度と戦争を繰り返したくないという思いだ」と強調した。

沖縄戦の経験から基地建設に反対する県民の思いを説明する山城議長=23日、東京都内の日本外国特派員協会

 山城議長は「政府は台頭する中国に対抗するために沖縄にたくさんの基地を造ろうとしている」と説明。「私たちは反日や反米、反中国という感情で動いていない。沖縄の地域社会を中心とする極東アジアが平和であることを望んでいる。政府から抑圧され続ける沖縄の思いを理解してほしい。国際社会の力が必要だ」と訴えた。

 抗議活動中に逮捕された山城議長は、保釈条件として事件関係者との接触が禁止されているため、現場に復帰できていない。「裁判が終われば現場に行って、みんなと一緒に抗議の声を上げたい」と語った。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS