宜野湾市のコールセンター解雇問題で、同社労働組合の前田和彦委員長は3日、沖縄労働局(谷直樹局長)を訪ね、公的助成金の悪用や、いわゆる「ブラック企業」の助長を防ぐ指導の強化を要請した。  公的助成金を受けた企業が、労働者を低賃金で働かせて“モノ扱い”している現状を放置しないよう訴えた。