沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古崎西側で仮設道路着手 新基地の護岸建設へ

2017年6月27日 07:27

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が辺野古崎西側の「K1」護岸建設に向け、資機材などを搬入するための工事用仮設道路の建設に着手したことが26日、分かった。政府関係者が明らかにした。

辺野古 K9護岸と近く着手する予定のK1護岸

 防衛省関係者によると、仮設道路はシュワブ内の既存道路から、K1護岸建設場所の海岸までをつなぐ。既存道路と海岸には3~4メートルの高低差があるため石材や土砂などで埋める予定という。工事には1カ月程度かかるとみられ、道路が完成次第、現在建設を進めているK9護岸と並行してK1護岸の建設にも着手する予定。

 防衛局の埋め立て承認願書の添付図書によると、辺野古崎西側にはK1、2、3の護岸を建設する。K1は陸から沖合に約216メートル伸ばす計画で、K9と同様に基礎捨て石の投入から始める予定となっている。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS