沖縄タイムス+プラス プレミアム

辺野古新基地:西側の工事用道路、建設進む 東側護岸は100メートルに

2017年6月28日 07:20

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は27日、辺野古崎西側で護岸建設に必要な資機材を搬入するための工事用仮設道路の建設を進めた。米軍キャンプ・シュワブ内の既設道路と砂浜の間の3~4メートルの段差をなくすため、大きな石を重機で砂浜に敷き詰める作業が確認された。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS