沖縄タイムス+プラス ニュース

翁長知事、辺野古工事差し止め訴訟で「正当性を主張する」 沖縄県議会・代表質問始まる

2017年6月28日 11:47

 沖縄県議会(新里米吉議長)6月定例会の代表質問が28日、始まった。翁長雄志知事は、名護市辺野古の新基地建設を巡る工事差し止め訴訟について、関連議案が可決されれば準備が整い次第、提起する方針を示した上で、「裁判所で県の正当性を主張する」と語った。具志堅透氏(沖縄・自民)の質問に答えた。

翁長雄志知事

 翁長知事は、埋め立て予定海域には漁業権が設定されており、海底の破砕、しゅんせつなどの「岩礁破砕」を実施する場合、知事の許可が必要と強調。今後の工事内容を調べた結果、沖縄防衛局が知事の許可を得ずに岩礁破砕を行うのが確実な状況のため、「差し止め訴訟の提起が可能と判断した」と述べた。

 謝花喜一郎知事公室長は漁業権の設定されている海域で知事の許可を得ずに岩礁破砕行為をしてはいけないため、防衛局に公法上の義務履行請求権が発生すると説明。行政事件訴訟法に基づく当事者訴訟に該当するとの認識を示した。

 また、宮古島市や石垣市への陸上自衛隊配備では、「多くの離島を抱える沖縄で緊急患者空輸、不発弾処理、災害救助などで大きく貢献している。政府は地元の理解を得られるよう説明し、住民生活の安全・安心に配慮すべきと考えている」と述べた。

 大型MICE施設の整備事業で、嘉手苅孝夫文化観光スポーツ部長は「基本設計、実施設計など段階に応じた予算が確保できるよう国と協議している。利用推計や周辺の活用について検討し、理解を求めたい」と語った。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「やばい、知事の遺言が残ってた」動揺する記者 急転直下、裏取り急ぐ

 名護のトラウマ 沖縄知事選「接戦」報道に疑念 予想的中した現場感覚

 「なぜあんたが出ない」革新側に吹き続けたすきま風 宜野湾市長選の舞台裏

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS