病気や依存症、障がい者の心身のケア、スポーツ競技者のトレーニングなどにヨガ(ヨーガ)を取り入れる動きが広がっている。瞑想(めいそう)や体操を通して体をリラックスさせることで、症状の緩和や前向きな思考への転換、集中力の高まりなどを実感する声が寄せられている。