沖縄県那覇市安里(通称・栄町)の老舗飲食店「おでん東大」を経営する女性が8月、店の入ったビル内で死亡していた件で、県警特別捜査本部(本部長・幸喜一史刑事部長)は6日、殺害の疑いが強まったとして、女性の長女で宜野湾市真志喜に住む無職の女(34)と、夫で職業不詳の男(34)を殺人容疑で逮捕した。現場には自殺を装った形跡があった。容疑の夫婦は事前に計画し、財産を目的に犯行に及んだ可能性があるとみて捜査を進めている。

 殺害されたのは、「おでん東大」を経営する当時58歳で浦添市に住んでいた女性。娘夫婦の逮捕容疑は8月9日ごろ、店が入っている那覇市安里のビルで共謀し、女性の首をひものような物で絞めて窒息死させた疑い。捜査本部は捜査に支障があるとして2人の認否を明らかにしていない。

 捜査本部によると、女性が見つかったのは8月10日午後5時14分ごろ。ビル2階の倉庫で倒れているのを知人に発見された。

 店には現金など貴重品が残されていた。店は9日からお盆休みで、県警は何らかの理由で呼び出されたとみている。県警は事件、事故の両面で調べを進め、鑑識や現場の状況などから他殺と特定。防犯カメラの解析などから早い段階で重要参考人に娘夫婦が浮上。複数回事情を聴いていた。

 県警は6日、特別捜査本部を設置。同日午前、捜査員が夫婦の住む宜野湾市のマンションや車を家宅捜索し、携帯電話などの証拠品を押収し逮捕した。午後には那覇署で会見を開き、110人態勢で事件の解明に当たると発表した。

 「おでん東大」は70年近く営業していた老舗飲食店。メディアにも頻繁に取り上げられ、地元客だけでなく観光客も多く来店し、人気を集めていた。