【東京】塩崎恭久厚労相は6日の参院決算委員会で、沖縄戦の影響による沖縄県内の厳しい国民健康保険(国保)の財政問題について「国保財政を支援する取り組みを何らかの形で行っていかなければならない」と述べ、改善に向けた支援の必要性を示した。