【松田良孝通信員】沖縄からの6人を含む日台の26人の子どもたちが参加する第1回台日国際児童音楽コンクール優勝コンサートが6月18日、台北市内の台湾師範大学付属中学校演奏ホールで開かれた。出演者は高い表現力で観衆を魅了し、言葉の壁を越えて交流した。

沖縄からも6人が参加した第1回台日国際児童音楽コンクール優勝コンサート=6月18日、台北市内の台湾師範大学付属中学校演奏ホール(県台北事務所提供)

 主催の台北市名家児童芸術推進協会(呂采穎理事長)は音楽や芸術の分野で活動する非営利団体。音楽活動を行う子どもたちに活躍の場を提供するために初めて開催し、「沖縄と台湾は地理的にも歴史的にもつながりが深い」として沖縄でも2月に予選をして参加者を選んだ。

 初の海外旅行が台湾でのコンサート出演となった普天間第二小学校の内村ゆねさん(9)はピアノを独奏。「台湾のレベルの高さにびっくりし、大きな刺激になった。もっと練習して来年もまた参加したい」と話した。母親の麻子さん(36)は「小さいころから海外で音楽を通して交流できるのは素晴らしい」と語った。

 共催した県台北事務所の吉永亮太所長は「音楽を通して交流を深める今回のコンサートは、沖縄の子どもたちにとって大きな自信につながるだろう」と話している。