3日午前9時ごろ、東村高江周辺の米軍ヘリパッド工事に従事するパワーショベルが国頭と東の両村境付近の県道70号を走り、路面に走行用ベルトの跡がついた。長さ約3.5メートル、幅約0.5メートルが白く削られている。 沖縄防衛局は同日、県道を管理する県北部土木事務所に報告。