宜野湾市(佐喜真淳市長)は2月6日を「宜野湾市ターウムの日」と制定することを決め、6日に市役所前で記念イベントを開いた。同市大山は田芋の生産地と知られているが、近年は後継者不足と周辺地域の開発が進み生産量が減少している。記念日の制定を弾みに「ターブックヮ(田園地帯)」の保全と継承を目指す。