沖縄タイムス+プラス ニュース

「普天間」で変化 宜野湾・佐喜真市長就任3年

2015年2月12日 11:12
9秒でまるわかり!
  • 就任当初は県外移設を主張
  • 現在は基地の固定化回避を前面に
  • 事実上、県内移設を容認

 【宜野湾】佐喜真淳宜野湾市長が12日、就任から3年を迎えた。最大課題の米軍普天間飛行場返還問題については就任当初、「県外移設」を明確に求めていたが、現在は固定化の回避に主眼を置き、解決策を県外に限定することを避ける主張に変わった。事実上、辺野古を含む県内移設を容認している。

就任3年を前にインタビューに答える佐喜真宜野湾市長=9日、市役所

 佐喜真氏は2012年の市長選で県外移設を訴えて当選。就任後初の議会でも「県内移設は現実的に不可能。一日も早い危険性の除去と県外移設を知事と連携して訴える」と所信表明で述べている。

 しかし、翌13年の施政方針では「県外移設」の文言が消え、その後は移設先に触れず固定化回避を強調するようになった。

 14年の知事選では辺野古移設を容認した仲井真弘多氏を支持し、共に普天間問題の解決を訴えた。

 15年1月19日の県軍用地転用促進・基地問題協議会(軍転協)の総会では「県外移設」を求めた事務局の要請文案に対し、県外に限定せず「あらゆる方策を講じる」を盛り込むよう反論した。

 佐喜真氏は9日、沖縄タイムスなどの取材に県外は否定しないとしつつ、「日米両政府から固定化という言葉が出るようになり、固定化回避を前面に出さないといけない。危険性の除去にまず取り組むべきだ」と主張した。

連載・コラム
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
アサヒ飲料が「健康長寿おきなわ復活」に向けてのヒントを紹介します。
第72回沖展「特別展」
第72回沖展「特別展」
3D+VRでの鑑賞や、準会員賞・沖展賞などを紹介したYouTubeのスペシャルコンテンツを配信中
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。