【北京共同】北朝鮮は日本時間4日午前9時40分ごろ、北西部の平安北道亀城市方〓付近から日本海に向け弾道ミサイルを発射した。防衛省によると約40分飛行し、排他的経済水域(EEZ)内の秋田県・男鹿半島から約300キロの日本海に落下した。