北朝鮮は4日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」発射に成功したと発表した。米研究者はアラスカにも届く能力があると分析。米本土攻撃の可能性も現実味を帯び始めた。度重なる制裁にもかかわらず、金正恩体制下での技術の日進月歩ぶりは著しい。