沖縄県は19日、県内全域にインフルエンザ警報を発令した。発令は約3年4カ月ぶり。患者報告数が第2週(9~15日)に1定点医療機関当たり33.23人となり、警報発令基準の「30人」以上となった。患者報告数は前週に比べ約1.8倍。