和紙ちぎり絵に出会ったのは約20年前。訪れた神戸で作品を見たのがきっかけだった。淡い色合いは水彩画にも似ているが、それ以上に趣がある和紙独特の世界。「こんなすてきな表現があるのか」と感心した。ちょうど職場で週休2日制が導入されたころ。