名護市辺野古の新基地建設問題で、ヘリ基地反対協のダイビングチームが14日、沖縄防衛局によるコンクリートブロック投下でサンゴが折れたりつぶれたりしているのを新たに見つけた。ブロック真下の隙間の部分にもサンゴがあり、日光が届かないため悪影響が懸念される。