新基地建設作業が進む名護市の大浦湾で、臨時制限区域を示すブイとアンカーのコンクリートブロックをつなぐ鎖が、海底でサンゴを破壊しているのが15日、確認された。  傷付けられたサンゴはキクメイシやミドリイシの仲間。岩ごと削られ、崩れ落ちたサンゴもあった。