沖縄タイムス+プラス ニュース

翁長知事と三連協、防衛相に抗議 嘉手納の降下訓練と旧駐機場使用禁止を要求

2017年7月7日 14:25

 【東京】米軍嘉手納基地でのパラシュート降下訓練と旧海軍駐機場の継続使用問題を巡り、翁長雄志沖縄県知事と、嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)を構成する沖縄市、嘉手納町、北谷町の3首長が7日午後、防衛省を訪れ、稲田朋美防衛相に抗議した。降下訓練の一切の取りやめと、旧海軍駐機場の使用禁止を要求した。

稲田防衛相(中央)に抗議した翁長雄志知事(右から2人目)と三連協の桑江沖縄市長(同4人目)、當山嘉手納町長(右端)、野国北谷町長=7日、防衛省

 三連協会長の桑江朝千夫沖縄市長は米軍の訓練について、「住民の安心安全な暮らしを願う思いを踏みにじり、負担軽減に逆行する。断じて容認できない」と強調し、要請文を手渡した。

 稲田氏は「誠心誠意対応したい」と応じた。

 パラシュート降下訓練は1996年の日米特別行動委員会(SACO)最終報告に基づき伊江島に集約されるとされ、旧海軍駐機場も民間地域から離れた場所に移転されたはずだが、米軍はどちらも合意に反する運用を続けている。

 県と三連協がそろって政府へ抗議行動するのは異例だ。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS