沖縄県は27日から名護市辺野古沿岸で現地調査に入る。沖縄防衛局の設置したコンクリートブロックがサンゴ礁を破壊した状況を実際に確認する。これまでは陸上からの目視のみで、海中調査は初めてになる。