青色LEDの開発でノーベル物理学賞を受賞した天野浩名古屋大学大学院教授(54)の講演会が16日、浦添市てだこホールであった。初めて来県した天野さんは、父の戦争体験を聞いて育った経験から「戦争体験が後世にどう伝わっているのか知りたく、ずっと沖縄に来たかった」と語った。