沖縄タイムス+プラス プレミアム

有事即応にらみ訓練増加へ F35空中給油 米空軍・海兵隊の相互運用に弾み

2017年7月10日 08:30有料

 【平安名純代・米国特約記者】岩国基地所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Bが米空軍嘉手納基地に飛来し、同基地所属の第353特殊作戦群と合同空中給油訓練を実施した。朝鮮半島情勢などを念頭に置いた有事即応訓練で今後、こうした訓練は増える方向にあるという。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気