与那原テックや沖縄エキスポランド・・・。沖縄にはいくつもの遊園地やテーマパークがありました。どこも子どもたちの歓声で大にぎわいでした。現在、「北部テーマパーク」建設に沸く沖縄では期待の声が高まっています。かつての県民の人気スポットを記事や写真で振り返ります。(デジタル編集部・仲程理人)

沖縄エキスポランド(1975~2000年)

 沖縄エキスポランドは沖縄国際海洋博覧会が開催された1975(昭和50)年に開園、2000年3月に閉園しました。国営の海洋博記念公園とともに北部観光の目玉として県内外の行楽客に親しまれました。

 地上25メートルの高さから時速約60キロの速さで急降下するジェットコースター。ごう音とともに乗客の悲鳴が響き渡った=1979年8月10日、本部町・エキスポランド゙【[あんやたん あの日・あの時]2020年08月15日掲載】

 

 沖縄(おきなわ)アイランドパーク(1990~1999年)

 1990(平成2)年4月、沖縄市の沖縄こどもの国に遊園地「おきなわアイランドパーク」が開園。1年目は約55万人が訪れたそうです。遊園地は1999(平成11)年に閉園しました。

 1992(平成4)年5月6日付の沖縄タイムスによると、ゴールデンウイーク最終日には【ジェットコースターをはじめ、乗り物のほとんどに長い列】とあり、にぎわっていた様子がうかがえます。

 
 
開園を前に一般公開した沖縄アイランドパークには観客が詰めかけ、大にぎわい=1990年3月31日、沖縄市
開園を前に一般公開した沖縄アイランドパークには観客が詰めかけ、大にぎわい=1990年3月31日、沖縄市
関連記事
 
USJ再建の森岡毅氏 勝ち筋の方程式 沖縄・北部テーマパーク構想<上>消えた計画 | ・・・
 沖縄本島北部のゴルフ場跡に建設が計画されている「沖縄北部新テーマパーク」が2月7日、本格着工した。ユニバーサル・・・・
www.okinawatimes.co.jp

 与那原テック(1966~1986年)

 科学が生んだおとぎの国として1966年から86年まで与那原町の高台にあった遊園地、与那原テック。象列車をはじめミニカー、ゴーカート、ティーカップカーなどいろいろな乗り物があり毎日多くの人出でにぎわいました。

1966年12月16日に掲載された与那原テックの広告(画像の一部を加工しています)
1966年12月16日に掲載された与那原テックの広告(画像の一部を加工しています)

 1966年から86年まで与那原町の高台にあった遊園地、与那原テック。観覧車やジェットコースター、ゴーカートなどの乗り物が人気だった【「あんやたん あの日・あの時」2018年7月17日掲載】

 
1984年7月1日撮影【[あんやたん 写真で見る沖縄]2021年7月9日掲載】
1984年7月1日撮影【[あんやたん 写真で見る沖縄]2021年7月9日掲載】
1972年9月9日撮影【[復帰あんやたん]2022年09月09日掲載】
1972年9月9日撮影【[復帰あんやたん]2022年09月09日掲載】

ひめゆりパーク(1983~2003、2004~2005年) 

 沖縄で唯一のサボテン公園として人気を集めた「ひめゆりパーク」。全長2.5キロ、高さ10メートルの琉球石灰岩で取り囲まれた広大な敷地の中では、10万本ものサボテンや多肉植物が鑑賞できました。また、ひめゆりパーク内のレストランでは、「サボテンざるそば」などユニークなサボテン料理が提供されていました。

2000年4月22日掲載
2000年4月22日掲載
ひめゆりパーク内のイベント「花の水族館」のもようを伝える記事=2001年1月18日掲載
ひめゆりパーク内のイベント「花の水族館」のもようを伝える記事=2001年1月18日掲載
関連記事
 
USJ再建の森岡毅氏 勝ち筋の方程式 沖縄・北部テーマパーク構想<下>起死回生策 | ・・・
 沖縄本島北部のゴルフ場跡に建設が計画されている「沖縄北部新テーマパーク」が2月7日、本格着工した。ユニバーサル・・・・
www.okinawatimes.co.jp

デパート屋上の遊園地

 那覇市内の三つのデパートの屋上には遊園地が設けられ、買い物に訪れた家族連れが観覧車などの遊具を楽しみました。

リウボウの屋上遊園地 

 1965年11月、勤労感謝の日の行楽地やデパートは、多くの家族連れでにぎわった。那覇市のリウボウでは、子どもたちが屋上遊園地で観覧車などの乗り物に歓声を上げ、元気にはしゃぎ回っていた【[あんやたん あの日・あの時]2014年11月23日掲載】

 

沖縄三越の屋上遊園地

 沖縄三越が華やかにオープンした。各階の売り場は買い物客でごった返し、屋上遊園地は多くの子どもたちの歓声が響いた=1970年10月10日、那覇市牧志【[あんやたん あの日・あの時]2018年10月11日掲載】

 

山形屋の屋上遊園地 

 デパートの屋上遊園地は、大型連休を楽しむ多くの家族連れでにぎわった=1967年5月7日、那覇市・山形屋【[あんやたん あの日・あの時]2016年05月07日掲載】

 

城岳遊園地 

城岳遊園地。那覇高校前の台地には県下に先がけて遊園地が開設された。娯楽施設の少ない年代だっただけにメリーゴーランド、飛行機、SL等、子供達には大変な人気であった=1952年、幸地賢和所蔵、那覇市歴史博物館提供
城岳遊園地。那覇高校前の台地には県下に先がけて遊園地が開設された。娯楽施設の少ない年代だっただけにメリーゴーランド、飛行機、SL等、子供達には大変な人気であった=1952年、幸地賢和所蔵、那覇市歴史博物館提供

中城公園

 1956年のこどもの日の中城公園は、遠足で訪れた子どもたちでにぎわった。乗り物には長い行列ができ、キリンやライオンなどを珍しそうに見学した。沖縄では、1962年からこどもの日が休みになった【[あんやたん あの日・あの時]2014年5月4日掲載】

 

 夏のにぎわいも過ぎてひっそりとする中城公園。ふさふさの毛に覆われた羊たちが、草を求めて静まり返った園内を歩き回っていた=1962年10月18日【[あんやたん あの日・あの時]2017年10月20日掲載】

 
1958年7月13日掲載
1958年7月13日掲載
1957年4月30日掲載
1957年4月30日掲載
1957年4月30日掲載
1957年4月30日掲載