【平安名純代・米国特約記者】米国防総省のカレン・クイアトコウスキ元分析官は14日、プレステレビに対し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設について「明らかに米国の誤った考えであり、この地域に混乱をもたらすだろう」と批判した。