記録的な豪雨で6人が死亡するなどした福岡、大分両県では7日、新たに9人の遺体が見つかり、死者は計15人となった。消防などによると、母親と幼い子どもが含まれるとみられる。行方不明や連絡が取れない安否不明者は20人を超える。988世帯2200人が避難し、20カ所近い集落が孤立している。