日本と欧州連合(EU)は経済連携協定(EPA)交渉で、伝統的な食品産地のブランドを互いに保護することで合意した。日本の特産牛肉や果物、酒などが対象となっており、EUで評価が高まって輸出に弾みがつくと期待される。