【宮古島】宮古島への陸上自衛隊配備に反対する「てぃだぬふぁ島の子の平和な未来をつくる会」(石嶺香織、楚南有香子共同代表)は6月30日、県環境影響評価(アセスメント)条例の対象事業に基地建設を加え、さらに米軍と自衛隊の訓練もアセスの対象とすることを求める陳情書を県議会に提出したと発表した。