沖縄県名護市辺野古で沖縄防衛局が進める新基地建設の環境保全措置を巡り、県は10日、キャンプ・シュワブ北側のK9護岸建設で使用している石材の洗浄状況やサンゴの移植計画などを照会する質問書を防衛局へ送った。全7項目で、25日までの回答を求めている。