パン製造・販売の「オキコ」(西原町、銘苅敏明社長)は11日、豊見城市産マンゴーを使った商品「アゴマゴちゃんのマンゴーホイップメロン」(税抜き130円)、「アゴマゴちゃんのマンゴーヨーグルト蒸しパン」(同120円)を発売した。

オキコが発売した「アゴマゴちゃんのマンゴーヨーグルト蒸しパン」(右)と「アゴマゴちゃんのマンゴーホイップメロン」

豊見城市内産マンゴーを活用しオキコが発売したパン2種類の購入を呼びかける宜保晴毅豊見城市長(右から3人目)とオキコ・パン営業部の比嘉直次次長(同4人目)ら=11日、同市役所

オキコが発売した「アゴマゴちゃんのマンゴーヨーグルト蒸しパン」(右)と「アゴマゴちゃんのマンゴーホイップメロン」 豊見城市内産マンゴーを活用しオキコが発売したパン2種類の購入を呼びかける宜保晴毅豊見城市長(右から3人目)とオキコ・パン営業部の比嘉直次次長(同4人目)ら=11日、同市役所

 地域の特産品を活用し、同社が2013年に始めた「ヤミー! ウチナー地域コラボシリーズ」の商品。「ホイップメロン」は人気商品で、改良を加えながら5年連続の発売。マンゴーが苦手な人もいるため、蒸しパンにしてしっとりとした味わいの新商品も開発した。

 マンゴーの香りが広がるホイップメロンは6万個、マンゴー生地とヨーグルト生地が絡み合い、冷やして食べてもおいしいという蒸しパンは2万個を9月上旬まで販売する。

 記者会見が11日、豊見城市役所で開かれ、オキコ・パン営業部の比嘉直次次長、JAおきなわ豊見城支店の宜保行彦支店長、宜保晴毅市長らは「規格外品の青果を扱った取り組みは、農家の意欲向上にもつながる」と購入を呼びかけた。