陸上自衛隊沿岸監視部隊配備の賛否を問う与那国町住民投票まであと1日に迫った。島の将来を左右する意思決定の機会といわれるが、法的な拘束力はなく、中谷元防衛相はすでに結果にかかわらず、配備を進める考えを示している。