名護市辺野古沖の警備について、海上保安庁による全国メディアへの個別説明会は、地元2紙の「誤報」や「背景説明」に力点が置かれた。  同庁政策評価広報室によると、説明会で取り上げた記事は沖縄タイムス1本と琉球新報4本の計5本。