沖縄科学技術大学院大学(OIST)の男性職員の潜水士=当時(37)=が昨年11月に本部町と伊江島間の海底で計測機器設置の作業中に亡くなった事故で、広報担当のニール・コールダー副学長らが12日に会見し、「潜水作業の安全衛生管理に深刻な問題があった」と認め謝罪した。