中日2年目の又吉克樹が、1イニングを三者凡退に抑え、順調な仕上がりをアピールした。「イメージ通りの球も何球かあったので、内容は良かった」と手応えを感じている様子だった。  八回、5番手としてマウンドに上がると、ロッテの先頭打者、伊志嶺翔大をストレート主体の配球で、遊飛に仕留めた。