美来工科は10安打8点を挙げてコールド勝ち。初回に山川倫輝の適時二塁打で先制、四回には玉城幸人が今大会2本目の本塁打で引き離した。五回に山内慧、六回には神山諒介が適時打を放った。残塁も四つと少なく、打線がつながった。八重山農林は4投手が小刻みに継投したが、打ち込まれた。