現代の日本には、不合理な差別により、外国人が就けない仕事がある。それが消防士であり、民生委員であり、科学者の代表機関・日本学術会議の会員であると本書は指摘する。差別を撤廃し、「人権大国」になるための道筋を示していく。