自転車の運転技術と交通安全の知識を試す大会の個人の部で2位になった宮古島市立砂川小学校の6年生。「緊張したけれど良い結果が出せた」と喜ぶ。 大会1カ月前から放課後の約2時間、標識の意味や細かな交通ルールを勉強し、学科は「満点」。好調な滑り出しで次の実技試験に臨んだ。