県議会2月定例会は25日、代表質問が始まり、自民の3氏が登壇した。翁長雄志知事は、新基地建設に関する前知事の埋め立て承認への対応で「瑕疵(かし)の有無を検証する第三者委員会の方向を踏まえ、承認の取り消し、または撤回を検討する」との考えをあらためて強調した。