「辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会」の阿部悦子共同代表らは13日、県庁記者クラブで会見し、名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て土砂の搬出候補になっている6県(福岡、長崎、熊本、鹿児島、山口、香川)に対し、沖縄県との連携を働き掛ける方針を発表した。