○…砕氷艦「しらせ」が南極の昭和基地から持ち帰った氷が13日、和歌山県橋本市の清水小学校で披露され、児童は南極観測や地球温暖化などを学んだ。 ○…この日、児童約90人は南極の位置・大きさ、地球温暖化について説明を聞き、その後、氷に手を触れたり耳を近づけたりして感触を楽しんだ=写真。