自動車盗の発生率が昨年まで10年連続全国ワーストの茨城県で、盗難件数が急減する「異変」が起きている。盗難車を買い取る中古車解体施設「ヤード」の取り締まり条例が4月に施行され、対策は功を奏したかにみえるが、隣接する福島県の南部で自動車盗が急増。