沖縄県が津堅島訓練場水域でのパラシュート降下訓練に反対しているのは、民間船舶などへ被害が及ぶ可能性があるためだ。 1996年の日米特別行動委員会(SACO)最終報告で降下訓練の移転が合意された伊江島補助飛行場は、基地や施設の使用条件を定めた「5・15メモ」で訓練水域を「第一」「第二」に区分。