沖縄県内の救急病院で、受け入れた外国人観光客の医療費を回収できない事態が表面化している問題で、厚生労働省は、現行の救済制度が解決の糸口になり得るとの見解を示した。ただ、制度の認知度は低く、制度の中身も使いにくいとの指摘がある。