ある春の夜。森の向こうからそうっとのぞいた丸いお月さまは、ねこになって銀色のくつをはき、おさんぽに出かける。 草ぶきやねの窓(まど)、夢(ゆめ)みるこばと…。