政府は14日、経済財政諮問会議を開き、2018年度予算の議論に着手した。安倍晋三首相は経済成長の鍵を握る人材育成のための投資に対し、重点的に予算配分する特別要求枠を活用する方針を表明。特別枠は4兆円程度とし、社会人の学び直しや研究開発を推進するための人材投資などに予算の上乗せ要求を認める方向だ。