【東京】鶴保庸介沖縄担当相は14日の閣議後会見で、大型MICE施設について将来の県財政を逼迫(ひっぱく)するのではないかという県民の懸念を払拭(ふっしょく)するだけの計画が詰まっていないと答えた。一括交付金の活用に向け、引き続き協議を重ねると述べた。 鶴保氏は「県内のさまざまな人の意見を聞いた。