米西部カリフォルニア州の裁判所は14日(日本時間15日)、東芝の半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却差し止めを巡る訴訟の審問を開く。東芝は「日米韓連合」と審問前の契約締結を目指していたが、韓国半導体大手SKハイニックスに翻弄(ほんろう)され、後ずれを余儀なくされている。